真・電脳工房 トップページへ

真・電脳工房/G-Effect Saver 彩花 製品の特徴




指定したフォルダ内の画像を美しい画面効果を駆使して表示するスクリーンセーバー
BMP, JPEG, PNG, GIF形式の画像ファイル、MP3, WMA, WAV, MIDI形式のサウンドファイルに対応

ベクターの 「おすすめスクリーンセーバ通信」 で紹介されました。(旧バージョン)


エフェクトを駆使した画像表示

 G-Effect Saver 彩花(あやか)は指定したフォルダに含まれる画像ファイルを各種画面切り替えエフェクトを用いて次々に表示するスクリーンセーバーです。
 BMP, JPEG, PNG, GIF 形式の画像ファイルに対応していますので、CGなどの絵やデジカメで撮った写真などをスライドショーのように表示することができます。

 単に画像を表示するだけでなく、ブラインド効果やスライド効果、1ドットずつのフルカラー演算によるブレンド効果など各種画面効果を駆使して表示するのが最大の特徴です。

画像の拡大・縮小が可能

 画面のサイズより大きい画像を適度に縮小して表示したり、逆に小さい画像を画面サイズに合うように拡大する機能を搭載しました。
 0〜200%までは5%単位、2倍を超えるような拡大の場合には整数倍で対応。独自のアルゴリズムを採用することで処理速度と画質のバランスをとっています。


フォルダ指定方式を採用

 画像やBGMの指定はフォルダ単位で行い、画像の場合は5つのフォルダを指定することができるようになっています。
 フォルダ単位で指定を有効にしたり無効にしたりといったことが可能ですので、表示させる画像を一時的に変更することも容易に行えます。
 右図をクリックすると、各設定項目の簡単な説明が見れます。
 詳しくは添付のマニュアルをご覧ください。


わざわざ起動したくなるスクリーンセーバーはいかがでしょうか?

いますぐダウンロード!!


真・電脳工房 トップページへ

Copyright (C) 2002-2010 真・電脳工房