真・電脳工房 トップページへ

真・電脳工房/-advanced Landscape wall- INFINITHIA 製品の特徴




画像の拡大縮小やデスクトップ色とのブレンド機能などを搭載した壁紙チェンジャー
指定した時間間隔で自動的に壁紙を切り換える「自動変更モード」を装備
BMP, JPEG, PNG, GIF形式の画像ファイルに対応

ベクターの 「おすすめアミューズメント通信」 で紹介されました。(旧バージョン)


進化した壁紙チェンジャー

 -advanced Landscape wall- INFINITHIA(インフィニティア)は指定したフォルダに含まれる画像ファイルを壁紙として設定する壁紙チェンジャーです。
 手動での切り換えだけでなく、指定した時間間隔で自動的に壁紙を切り換える「自動変更モード」も装備しました。
 BMP, JPEG, PNG, GIF 形式の画像ファイルに対応していますので、CGなどの絵やデジカメで撮った写真などをデスクトップの壁紙として使用することができます。

 また単に壁紙を切り換えるだけでなく、画質の調整やデスクトップ色とのブレンド、表示位置の調整などの特殊処理も搭載。
 画像をデスクトップに馴染ませたり、デスクトップアイコン等が見やすいように調節するなど、用途やお好みに合わせて壁紙画像の調整が可能です。

画像の拡大・縮小が可能

 基準サイズより大きい画像を縮小して表示したり、逆に小さい画像を適度に拡大する機能を搭載しました。
 基準サイズとして「デスクトップ」「デスクトップより一回り小さく」だけでなく、サイズを直接数値指定することもできます。
 画像表示位置の調整と組み合わせて使用することで、タスクバーに画像が隠れないようにしたり、デスクトップの隅に写真を飾るような使い方が可能です。


シンプルな操作体系

 動作アイコンを右クリックすると各種操作用のポップアップメニューが表示されます。
 このメニューから「画像の変更」や「1枚進む」「1枚戻る」などを選択していただくと、壁紙の自動変更モードであっても、手動で画像を切り換えることができます。

 また、動作アイコンをダブルクリックすると「画像の変更」が実行され、ホイールボタン(中ボタン)をクリックすると設定パネルが表示されるなど、最もよく使う機能はポップアップメニューを使用せずにダイレクトに実行可能な設計となっております。

フォルダ指定方式を採用

 画像の指定はフォルダ単位で行い、それぞれ下位フォルダ検索を行うかどうかを個別に設定することもできます。
 もちろん、フォルダ単位で指定を有効にしたり無効にしたりといったことが可能ですので、壁紙にする画像を一時的に変更することも容易に行えます。

 右図をクリックすると、各設定項目の簡単な説明が見れます。
 詳しくは添付のマニュアルをご覧ください。


進化した壁紙チェンジャーを体感してください。

いますぐダウンロード!!


真・電脳工房 トップページへ

Copyright (C) 2003-2010 真・電脳工房